会則|ヤマハネットワークエンジニア会

会則

「ヤマハネットワークエンジニア会会則」
平成二十五年七月三十日制定  (最終更新日:平成二十九年三月十五日)

第1条 (名 称)

本会は、ヤマハネットワークエンジニア会(略称:YNE)と称します。

第2条 (運営主体)

本会は、ヤマハ株式会社内に設立され、ヤマハ株式会社が運営主体として機能します。

第3条 (所在地)

本会の事務局所在地は、静岡県浜松市中区中沢町10-1とします。

第4条 (目 的)

本会は、ヤマハ商品の機能・性能の理解深耕を目指す会員に対して、会員同士が交流し技術情報を共有する場を提供し、技術力強化をはかることを目的とします。

第5条 (会員向けサービス内容)

本会は、会員に対して以下のサービスを提供します。

  • ヤマハネットワークエンジニア会コミュニティサービス:
    会員同士が交流し、技術情報を共有する場。
    共感する技術情報に評価をする仕組み。

  • 各種β版ソフトウェアやサービス:
    例えば、「遠隔検証システム(β)」は、インターネット環境を通じてヤマハネットワーク機器の設定や動作の実機確認を行える試作システムです。

  • 会員向けe-learningプログラム(「YNE-ラーニング(総称)」)
    「YNE-ラーニング」は2本立て。ネットワークの基礎を学びたい人向けの読み物「井伊音物語~ネットワーク学習読本~」は、ネットワーク機器販売会社に入社した新人営業マンが、ネットワークを基礎から学んでゆくという設定で描かれた大河ドラマ風のコンテンツです。
    また、「YNEドリル」は、ネットワークの基礎知識、ヤマハ株式会社が製造・販売するネットワーク機器(ルーター、ファイアウォール、スイッチ、無線LANアクセスポイント)およびその関連サービスの各種機能や設定に関する知識の習得に役立てていただくため開発されたドリルです。

なお、上記サービスは、ご使用にあたっては別途提示するご使用条件に合意いただく必要があります。
本会の提供するサービスの内容、提供、制限は、弊社が必要に応じて変更を行えるものとします。

第6条 (個人情報の保護)


  • 本会は、会員の入会時に取得した顧客情報について、その利用目的を明示するとともに、その利用目的の範囲内で取り扱います。
  • 本会は、取得した個人情報を、本人の同意なしに業務委託先以外の第三者に提供することはありません。また、個人情報をヤマハグループ各社と共同して利用する場合は、共同利用する事業者の範囲や利用目的等の所定事項をあらかじめ明示または公表します。
  • 本会は、個人情報への不正アクセスや、紛失、破壊、改ざん、漏えい等を防ぐため、技術的対策を実施し、また安全管理体制を整備して個人情報の保護に努めます。
  • 本会は、保有する個人情報について、所定の手続きに従い合理的な範囲において誠実に開示、訂正、利用の停止および削除等のご請求に応じます。
  • 本会は、個人情報に関する法令、関連規定およびガイドラインを遵守し、企業としての社会的責任を遂行します。

第7条 (入会資格)


  • ヤマハが提供する機器を取り扱うことのできる組織等に属する「個人」、または今後取り扱う可能性を持つ「個人」を会員の対象とします。会員登録に際し、同業他社様からのお申込みをお断りさせていただく場合があります。
  • 本会サービスを利用するに際し、本会が別途定める規定に従い利用者の情報を登録していただく必要があります。

第8条 (入会手続)

入会希望者は、本会が指定するウェブサイトフォームに必要事項を記入、登録するものとします。

第9条 (入会契約の成立と会員資格)


  • 入会契約は、会員本人からの入会申込みと本会の入会承認によって成立します。
  • 会員資格は、本会への入会手続きを完了した時点で取得するものとします。
  • 会員資格は、会員本人にのみ認められるものであり、会員資格を譲渡したり、貸与することはできません。

第10条 (契約期間・更新)


  • 会員契約は、会員が退会あるいは会員資格を喪失しない限り一年間とします。ただし、期間満了までに退会の意思表示が無い場合は、同一条件で一年間自動継続し、以後も同様とします。
  • 姓名の変更があった場合には、速やかに本会事務所に連絡し、所定の変更届けを提出するものとします。

第11条 (会員資格の喪失)


  • 会員資格は、会員の退会、除名、あるいは死亡によって喪失します。
  • 会員は、本会が指定するウェブサイトフォームに必要事項を記入、退会する意向を届けることで、本会事務局の承認を得て本会を退会することができます。
  • 会員が本会則の定める規則に違反した場合、会員としての品位を損なうと認められる行為があった場合等は、除名あるいは会員資格の一時停止の措置がとられることがあります。

第12条 (情報の公開)

会員が本サービスで提供した情報は、公開されることを前提としています。会員は、本サービスに関連して、会員、または、第三者の秘密情報を掲載し、または提供してはなりません。

第13条 (知的財産権の無償許諾)

会員が本会のサービスに関連して提供した情報、アイディア等に関する知的財産権(著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、ノウハウを含むがこれに限りません)は、第三者に権利が帰属する場合を除き、情報提供をした会員に帰属します。ただし、情報提供をした会員は、他の会員またはヤマハ株式会社およびその子会社に無期限かつ無償で当該知的財産権を使用、販売等できる権利を付与するものとし、会員は、著作者人格権その他一切の権利を行使しないものとします。会員は、第三者が権利を有する情報、アイディア等を本サービスに関連して提供しないものとします。

第14条 (免 責)


  • 本会およびヤマハ株式会社は、会員が本会のサービスの利用に関連し、会員、その他の第三者に生じた損害につき、法令等により免責が認められない場合を除き、一切責任を負わないものとします。会員相互のトラブルについても、本会およびヤマハ株式会社は一切責任を負いません。
  • 本会は、本会のサービスを必要に応じて変更、停止または中止することができるものとします。本会およびヤマハ株式会社は、サービスの停止または中止により、会員、その他の第三者に損害が生じた場合であっても、法令等により免責が認められない場合を除き、一切責任を負わないものとします。

第15条 (施 行)

本会則は、平成二十五年七月三十日をもって施行します。

第16条 (細 則)

本会則に定めない事項および業務遂行上必要な細則および各種申請の適用条件・申請方法等は、本会事務局が定めることができます。細則および各種申請の適用条件・申請方法等も本会則の一部を構成するものとします。

第17条 (会則の運用および変更)

本会則の運用は、本会事務局が行うものとします。また、本会は、必要に応じて本会則の変更を行えるものとします。

以上